グランビルの法則を理解する為のまとめメモ

有名なテクニカル手法で理解していた方がよさそうなので、調べて事をまとめてメモ。

グランビルの法則とは

米国のジョセフ・グランビルというアナリストが考案した投資手法。
移動平均線と価格の乖離や方向を見る事でトレンドを判断し、エントリーの有無を見極める。
売りと買い、それぞれ4通りの計8通りのパターンがある。

基本的な考え方

考え方のベースになっているのは、移動平均線から価格が乖離すると必ず価格が収れんする現象。
グランビルは200日の移動平均を利用していたが、時間足やトレードスタイルによって期間を変更しても活用が可能(スイング・1~4時間足:200MA、スキャルピング・15分足:75MAなど。)

売りのパターン

買いのパターン

コメント

タイトルとURLをコピーしました